こんにちはヤーマンです。先日映画カーズの最新作クロスロードをみてきました。4DXというものがあったので試しにみてきましたが、少し辛かったので注意点をお知らせします。

4DXとは

4DXとは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

引用:ユナイテッドシネマ

シーンに合わせて座席が動いたり風が出たり、水が出たり、フラッシュしたりちょっとしたジェットコースターのようなものです。

4DXの注意点

食べ物を買いすぎない

4DXはもちろんですが、座席が動きます。座席が動くということはポップコーンなども暴れ出します。なので私の行ったところでは食品用のトレイの持ち込みができませんでした。

  • 4DXでは食べ物を買いすぎないこと

食べ物を買いすぎると全て手で持って入場しなければなりませんので大変です。私はいつもは買わないポップコーンをこんな時に限って購入していました。

ポップコーン用にビニール袋をもらえるのですがいつ座席が動き出すのかわからないので安心して食べれないです。

風が結構寒い

風が出てくるのが4DXでの良さでもあるのですが、水も出てくるので水で塗れた後の風は寒いです。特に夏場は薄着なので、冷房も効いていて風邪ひきそうです。

※座席の「WATER」のボタンで水のON/OFFができます。

フラッシュが眩しい

雷のシーンなどに使われるフラッシュですが、結構眩しくてブルーライトとかが苦手な人は結構辛いかもしれません。テレビでよく見かける

※フラッシュに注意してください。

というのを思い出しました。

乗り物酔い

座席が動くので乗り物酔いしやすい人にはおすすめできません。

4DXでよかった点

座席にゆとりがある

4DXは座席が動いたりする分余裕のある作りになっているのか前の座席との間隔が広めにとられていて足の窮屈さを感じませんでした。

家では味わえない

4DXは家で見る映画では絶対に味わえない臨場感を味わえます。しかし私はカーズをみたのであまりスリリングな感じはしませんでした。洋画のアクションシーンなどにはいいかもしれません。

4DXの総評

4DXではこの先映画を見ることはないでしょう。

理由は座席が動いたりいつ水が出てくるんだろうというドキドキから作品に集中できなかったからです。

カーズクロスロードの感想

(ネタバレ注意)

個人的にはカーズ全作みましたが、一番面白かったです。

カーズは主人公のマックイーンの速い走りが見所でしたが、今回はさらに速い車の登場で世代交代というものを受け止められるのかというテーマでした。

マックイーンは自信家なのですが、新たな喜びを見つけられた時に感動してしまいなぜか泣いてしまいました。

ディズニー映画は子どもから大人まで幅広く楽しめる作品が多くて最高です。