自宅練習は音が出せないからアンプにつながなくてもいい

全然そんなことはありません。近所の迷惑になってしまったり、家族からの苦情も多いことかと思います。

あと練習はできないところをできるようにするため反復練習が基本となってしまい聞いている側からするとなんども同じフレーズでノイローゼになってしまいます。

そういう時はアンプにヘッドホンアウトがあればヘッドホンでモニタリングしながら練習しましょう。

もしくはライブハウス同様に出力の大きいアンプが置いてあるリハーサルスタジオの利用をオススメします。

リハーサルスタジオのプランでは個人練習用の料金設定をしているところもあるのでそういうところを見つけて練習してください。

なぜアンプに繋いだ方がいいのかというとエレキギターをそのまま弾くと結構音が小さいです。当たり前ですがサウンドホールもなく、音は響かないです。

ですのでピッキングが強くなってしまい。非常に汚いサウンドで練習している状態になります。

その状態でいざ本番を迎えて大きなスタックアンプを使用するとズブズブのサウンドで自分だけでなく見ているお客さんもかっこ悪いなーと思ってしまいます。

そうならないためにも普段からアンプで鳴らしたら優しく弾くクセをつけることが大事です。

エフェクターを使用している場合はなおさら

エフェクターを使用している場合はオーバードライブにも歪みの量に差が結構あります。

歪みが強いものとしてディストーション

クランチぐらいの歪みオーバードライブ

ほとんど歪まないブースター

などがあり自分が狙っている音がピッキングの強さで変化したりします。

あとは空間系モジュレーション系のエフェクターはアンプで鳴らさないと想像もできない音がなります。

以上の点から自宅練習でもアンプを使用することをおすすめします。

自宅練習用 ギターアンプなどと検索すればいくらでも出てきますので10ワット程度のものを入手しましょう。

ギターですとまだ大丈夫かもしれませんが、ベースの練習においてスラップ奏法というのがあり、そう言った場合は楽器本体だけの音で結構苦情が出るレベルの音が出てしまいます。

なのでベーシストの方はなるべくリハーサルスタジオを使用しましょう。

リハーサルスタジオなら大音量で練習しても誰も文句を言ってきません。あとお金を払っているということで練習に身が入ります。

リハーサルスタジオではギターならマーシャル、ローランドJCベースならアンペグを使用することをオススメします。

なぜならライブハウスの基本セットがマーシャルJCアンペグだからです!!

練習でしてきたことの半分も本番では発揮できません。なので練習で本番の機材に慣れておいた方がいいです。