ピックアップの構造

ピックアップとは楽器自体や弦の振動を電気信号として認識してその電気信号をボリュームなどのつまみを経由した後、アンプなどの機器に送り出すための装置です。

ピックアップは永久磁石に電線を巻きつけることによりコイルとして働きます。弦などの金属の振動を電磁誘導による誘導電流として取り出すものでニッケルなどの透磁率の高い素材を隣接するコイルに検出させて電気信号として出力します。

ピックアップの種類について

エレキギターエレキベースのピックアップの種類は大きく分けて2種類あります。

フェンダーに代表されるシングルコイルタイプ

ギブソンに代表されるハムバッカータイプ

どちらもそれぞれいいところがあります。

シングルコイルタイプ

シングルコイルタイプのピックアップは磁石にまきつけられている電線が単一です。そのためシングル(単一)コイルという名前になっています。

シングルコイルの特徴として歯切れが良く、明るく透明感があります。カッティングをされる方が多様される傾向にあります。

ファンクなどのジャンルをされている方はこのタイプのギターを選ばれると良いでしょう。

ハムバッカータイプ

ギブソンに代表されるハムバッカータイプは演奏される方そしてシングルコイルのタイプを使用された方なら誰しも思っているであろうハムノイズに強くできています。

ノイズを気にしなければいけない大音量で歪ませるようなラウドロック系の方ならこちらのタイプを選ばれるでしょう。

ハムバッカーの音質として音が太く温かみのあるサウンドが特徴です。

ギブソンとマーシャルの組み合わせは定番の組み合わせとも言われています。

アクティブタイプのピックアップ

先ほど説明したピックアップは電源を必要としないパッシブタイプのピックアップでさらにノイズに強い電池を使用するアクティブタイプのピックアップもあります。

代表的なものとしてEMGなどの黒いものをよく見たことがあるかと思います。

アクティブタイプを使用される方のデメリットとしてライブ本番などに電池が切れてしまうと音が出なくなるなどのトラブルが起きてしまったりもします。

電池交換がドライバーがないとできないタイプもあるためライブ前には絶対に変えておきたい部分ですね。

アクティブは結構作られたようなサウンドのためギター本体というよりピックアップ本体のサウンドだったりします。

好きなバンドが使ってるギターを参考に自分に合っているピックアップを探してみるのも楽しいですね。