平均年収を747万円とするYouTuberですが、その平均は人気ユーチューバーの年収を参考にしただけでしょう。実際は月に1000円も稼げないユーチューバーばかりです。そんなユーチューバーすらも排除することが決定しました。

総再生数1万回以下は広告配信なし

YouTubeクリエイターズブログによるとクリエイターの保護の為としています。再生数の少ないうちにそのチャンネルがポリシー違反をしていないかなどを見極めるということです。

どんな人たちが稼げなくなるのか

  • 違法アップロード動画
  • 再生数の少ないチャンネル

違法アップロード動画に関しては問答無用でアウトです。アドセンスはオリジナルコンテンツを作れと言っています。ポリシーに違反するとアカウント停止もくらいます。著作権に触れるようなことはやめましょう。

再生数の少ないチャンネルは一番辛いでしょう。もともと少なからず収益が出ていたのにいきなり収入がストップするので動画配信のモチベーションもグンと下がります。ユーチューブの広告配信の許可はブログの広告配信に比べて緩かったのでここらへんもおそらく今回の事で厳しく審査されるようになると思います。

ユーチューバーで小遣い稼ぎを狙っていた人は新規参入が厳しくなりました。

しかしユーチューバーでこれから収入を得たいとおもっている方でも遅くはありません。どれだけ前からやっていたかという事も大事ですが、どれだけ他にはない魅力的なコンテンツがあるかという事が大事です。