こんにちはヤーマンです。先日車に乗り込んでさあしゅっぱーつ

「カチャッ」「ジジジ」

「カチャ」「ジジジ」

「カチャ」「ジジジ」

永遠にこれの繰り返しでした。そうですバッテリーが上がりました。しかし私にはとっておきの装備があり、ついにこれを召喚する時が、きたかと逆に嬉しくなってきました。

そのアイテムと言うのが

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーがなぜ車に?という感じに思うかもしれませんが、モバイルバッテリーにはすごーく便利な機能があります。

モバイルバッテリーで車をジャンプする

車のバッテリーのジャンプと言うのは車のバッテリーがエンジンをかけるほどの電気を蓄えていない時に電気を外部から供給してエンジンを始動させる手助けをする行為です。

バッテリーのジャンプは救援にきた車のバッテリーとバッテリーが上がってしまった車のバッテリーとをバッテリー同士で繋いで始動しますが、それだと前向きに車を停めてしまっている時に車を近くに寄せることができないために使えない手段になってしまいます。

そんな時でもモバイルバッテリーだと問題なしです。

モバイルバッテリーは一人でもジャンプできる

モバイルバッテリーの最大のメリットは一人で誰の助けも借りずに使用できる点です。

バッテリージャンプの手順

作業の前に絶対に注意して欲しいのが、バッテリーの端子には触れないということです。これを守らないと感電して最悪死亡してしまうかもしれません。慎重に作業してください。

こちらがバッテリーです。左右にある出っ張りにブースターケーブルを接続していきます。接続の手順ですが

+プラスにブースターケーブルを接続

この車で言うと左側が「+」になっていますが、車種によって変わりますので、バッテリー本体の表示を確認しましょう。

次に「−」マイナスに接続します。

右側がマイナスになっています。

バッテリーに接続が終わったらいよいよモバイルバッテリーに接続します。

モバイルバッテリーの接続端子は入るようにしかなっていないので、間違える心配はないです。

ですので、バッテリーの接続端子は絶対に間違えないようにしましょう。

赤がプラス

黒がマイナス

絶対に守ってください。

モバイルバッテリー側の端子は○と○ではない形になっています。

いよいよキーを差し込んでセルを回します。

「カチャ」「ジジ」「ブーン」かかったー!!!!

一発始動した。感動です。

バンドマンがツアーに行く時やゴールデンウィークで遠出した時などに急なバッテリー上がりで予定に支障が出てしまっては、テンションダウンですよね。備えあれば憂なしです。

モバイルバッテリーのセット内容

モバイルバッテリーにはもちろん本来の目的である携帯やスマートフォンの充電ケーブルの他ノートパソコンの変換端子までさまざまな端子に対応しています。

本体の充電が足りなくなってきたら、車のシガーソケットからも充電できるので、車に積んで置いたままにできるため、万一の時に忘れてきたという心配がないです。

シガーソケットは

このようなところがほとんどの車に装備しているので、そこから充電しておきましょう。

もちろん自宅のコンセントからも充電できます。

インジケーターがあるので、充電状況もすぐに確認できます。本当に便利な世の中だなあ。

そもそもまだ車を買っていない人はこちらの50万円以下で買えるおすすめバンド機材車の記事も参考にしてください。